事業者ローン・不動産担保ローン|晶光商事株式会社

ホーム融資の疑問を解決しますはじめてのお客様へ商品案内会社概要

HOME > 融資の疑問を解決します > 業者選びのポイント

融資の疑問を解決します

よくあるご質問

こんな甘い誘惑に注意!
広告・DM・チラシのチェックポイント
電話する前にチェック!
  • 【登録番号が記載されてますか?】
    • 賃金業を営むには必ず知事または財務局への登録が必要です。
      これは賃金業法(第3条第1頁)に基づくもので、貸付広告面に必ず登録番号表記が義務づけられています。
  • 【都知事()○○○の表示はありますか?】
    • 当社の登録番号は(12)第00812号です。
      貸金業の免許更新は3年毎となっていて、現在は(12)が最も古い番号です。
電話をした際にチェック!
  • 女性オペレーターが出て丁寧に対応し、後ほど担当者からお電話させますなどの対応の場合。
    この場合、実際には事務所などがなく、闇金融などの悪質業者の可能性が高いです。
  • 対応する担当者の言葉使い、態度、雰囲気なども信頼できる業者かどうか見極める判断材料になります。
  • ホームページなどで社歴や会社概要、加盟団体などを確認するのも業者選びの重要なポイントです。
紹介屋・整理屋・買取屋の手口
紹介屋
あたかも自社で融資するように思わせて実際は融資せず、
貸付基準の緩い業者を予めリサーチしておいて、紹介を装って借りさせ、法外な紹介料を要求してきたりします。
整理屋
「あなたの債務を整理・解決します」などの甘い言葉で、
「整理手付金」といった名目で現金などを預かり、実際には何もせず次々と騙しとります。
中には弁護士の名を騙り勧誘をしてきたり、弁護士と連携して悪質行為をする整理屋もいます。
当然、債務は減るどころか、法外な手数料を取られるだけで何も問題は解決できておりません。
買取屋
「クレジットカードで融資します」などの言葉で、カードで指定された商品を買わせ、 それを安い値段で買い叩く手法です。
一時的に現金を手にすることができても、当然手にした現金の倍以上のカードの支払が待っており、
買取屋は商品を高値で売却し利益を得ることになります。